[リストへもどる]
新着記事(10件)

新着記事10件を表示しました

投稿時間:01/11/14(Wed) 20:12
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:ショッピングバスケットプロV5 iMode(web裏技)
ショッピングバスケットプロのiMode専用対応版Ver5.06iのメール部分
の改造です。

修正ファイルは icago.cgi の1つです。

コメントにする
557 if ($hiho) {
から
606 close(OUT);
まで


614 if ($hiho) {
から
634 close(OUT);
まで


追加する
634のあと
$msg = "$head\n" . "受付番号\n$in{'_order'}\n" . "\n$ORDERs2\n" . "$signature\n";
use Win32::OLE;
$oBasp = Win32::OLE->new('basp21');
$oBasp->SendMail("mail.rocket3.net","$in{'_EMAIL'}","$mailto","\[$in{'_order'}\] $SUBJECT(受付)","$msg","");

606のあと
$msg = "";
foreach $value (@ORDER) {
$value =~ s/&/&/g;
$value =~ s/"/"/g;
$value =~ s/&lt;/</g;
$value =~ s/&gt;/>/g;
$msg = "$msg\n" . "$value\n";
}

foreach $value (@MAIL) {
($name,$value) = split(/\0/,$value);
$name =~ s/&amp;/&/g;
$name =~ s/&quot;/"/g;
$name =~ s/&lt;/</g;
$name =~ s/&gt;/>/g;
$value =~ s/&amp;/&/g;
$value =~ s/&quot;/"/g;
$value =~ s/&lt;/</g;
$value =~ s/&gt;/>/g;
$msg = "$msg\n" . "$value\n";
}

$msg = "$msg\n" . "\n";
$msg = "$msg\n" . "User-Agent : $ENV{'HTTP_USER_AGENT'}\n";
$msg = "$msg\n" . "Remote-host: $host\n";
$msg = "$msg\n" . "Remote-Addr: $ENV{'REMOTE_ADDR'}\n";

use Win32::OLE;
$oBasp = Win32::OLE->new('basp21');
$oBasp->SendMail("mail.rocket3.net","$mailto","$in{'_EMAIL'}","\[$in{'_order'}\] $SUBJECT","$msg","");

以上です。
再配布禁止のため、修正版はUPできません。

投稿時間:01/10/21(Sun) 14:30
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:ODBCデータソース登録について
ASPスクリプトなどからAccsessデータベース等を使う場合、データ
ソース登録は行いませんのでオープン時に直指定してください。

例)conn.open "Driver={Microsoft Access Driver (*.mdb)}; DBQ=" & Server.MapPath("ryozo.mdb")

投稿時間:01/10/21(Sun) 14:25
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:ショッピングバスケットプロV6(web裏技)
web裏技
http://www.rescue.ne.jp/
簡易ショッピングバスケットプロV6 (cagopro6.04)のメール送信部分
を改造し、送信文字数の制限ははずします。

1-----
cart.cgi
821行目 if (!open(OUT,"| $sendmail〜
から
881行目 close(OUT);
までをすべて行頭に#をつけ、コメント行にする。
2-----
さらにそのあとに以下の行を追加
#----------------------------------
$msg = "";
foreach (@in) {
s/&quot;/"/g;
s/&amp;/&/g;
s/&lt;/</g;
s/&gt;/>/g;
if (/^\.\t(.*)/) { $msg = "$msg" . "$1\n"; }
elsif (/(.*)\t(.*)/) {$msg = "$msg" . "[$1]\n$2\n\n"; }
}
$msg = "$msg\n" . "$sign\n";
use Win32::OLE;
$oBasp = Win32::OLE->new('basp21');
$oBasp->SendMail("mail.rocket3.net","$mailto_order","$in{'_email'}","[$date_num] $mail_subject","$msg","");

$msg = "$mail_mes\n";
foreach (@in) {
s/&quot;/"/g;
s/&amp;/&/g;
s/&lt;/</g;
s/&gt;/>/g;
if (/^\.\t(.*)/) { $msg = "$msg" . "$1\n"; }
elsif (/(.*)\t(.*)/) { $msg = "$msg" . "[$1]\n$2\n\n"; }
}
$msg = "$msg\n" . "--- 特定商取引に関する法律による表\示 ---\n\n";
foreach (@info) { $msg = "$msg" . "$_"; }
$msg = "\n$msg" . "$sign\n";
$oBasp->SendMail("mail.rocket3.net","$in{'_email'}","$mailto_order","[$date_num] $copy_subject","$msg","");
#----------------------------------


※残念ながら再配布は禁止ということなので修正版はUPできません。

投稿時間:01/10/21(Sun) 00:45
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:簡易ショッピングバスケット(web裏技)
web裏技
http://www.rescue.ne.jp/
簡易ショッピングバスケット (cago112Z)のメール送信部分を改造し、
送信文字数の制限ははずします。

1-----
webform.cgi
168行目 if (!open(OUT,"| $sendmail〜
から
210行目 close(OUT);
までをすべて行頭に#をつけ、コメント行にする。

2-----
さらにそのあとに以下の行を追加
$msg = "";
$count = @DATA_N;
foreach (0..$count-1) {
if ($DATA_V[$_] =~ /\n/) { $msg = $msg . "$DATA_N[$_] =\n\n$DATA_V[$_]\n\n";}
else {$msg = $msg . "$DATA_N[$_] = $DATA_V[$_]\n"; }
}
use Win32::OLE;
$oBasp = Win32::OLE->new('basp21');
$oBasp->SendMail("mail.rocket3.net","$mailto","$email","$subject","{$msg","");


※残念ながら再配布は禁止ということなので修正版はUPできません。

投稿時間:01/08/24(Fri) 12:03
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :http://rocket3.net
タイトル:ウェブストアー(ショッピングカートCGI)
ショッピングカートCGIのウェブストアーでメール機能をROCKET3.NET
などのIISサーバーでも使えるようにします。
配布元は http://www-power.net/

1)cago.cgiの環境設定でsendmailのパスは
$sendmail = 'mailserver';
となります。
他社サーバーではCGIから使えるSMTPサーバー名を管理者に確認

2)stdio.plの467行目
return 0 if ....
の次の行に以下を挿入
if ($mailcc ne ''){
$mailto = "$mailto" . "\t" . "cc" . "\t" . "$mailcc";
}
if ($mailbc ne ''){
$mailto = "$mailto" . "\t" . "bcc" . "\t" . "$mailbc";
}
use Win32::OLE;
$objBasp = Win32::OLE->new('basp21');
$objBasp->SendMailEX('c:\temp\mail.log',$sendmail,$mailto,$from,$subject,$message,"");
return 1;

以上で完了です。
改造前にメール部分以外の動作は必ず確認してください。
再配布は事業者登録が必要とのことなので、修正版はUPできません。
登録料金が高くて払えません^_^;

投稿時間:01/08/13(Mon) 12:24
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:CGIやASPでのメールサーバー
ASPやCGIでメール送信に指定するメールサーバーは
mail.rocket3.net もしくは mailserver
となります。

投稿時間:01/05/21(Mon) 19:11
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:'C:\Inetpub〜 .cgi' script produced no output と表示されます。
Prelの文法エラーです。プログラムをもう一度チェックしてみてください。

FTPで転送時、改行コードが違っていてもエラーになります。

投稿時間:01/05/21(Mon) 19:10
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:CGIの実行後、ページが表示されずに真っ白な画面になっちゃいます。
print "Location: XXX\n\n"; の部分を次のように変更してみてください。

#ここから---------------------------------------------
#print "Location: XXX\n\n";
print "Content-type: text/html\n\n";
print "<html><head><META HTTP-EQUIV=\"Refresh\" CONTENT=\"0; URL=";
print "XXX\"></head><body></body></html>\n\n";
#ここまで---------------------------------------------

投稿時間:01/05/21(Mon) 19:09
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:sendmailのパスは何を指定すればいいの?
sendmailのパスは
perl c:\tool\sendmail.pl
です。perl と c:\ の間には半角スペースが入ります。
添付ファイルの処理には未対応です。(4/11現在)

こんなかんじです。例
$sendmail = 'perl c:\tool\sendmail.pl';

ダブルコーテーション(")でパスを囲まないように!
×$sendmail = "perl c:\tool\sendmail.pl";

※尚、ROCKET3.NETにはsendmail自体が存在しませんので、あくまでも
簡易的なものです。
文字数が多いと切れちゃうので、本格的に利用するためにはCGIの改造
等が必要な場合もあります。

投稿時間:01/05/21(Mon) 19:08
投稿者名:りょうぞう
Eメール:ryozo@r-ken.co.jp
URL :
タイトル:Perlのパスは何を記述したらいいの?
何が記述してあっても動作します。
フリーやシェアウエアのCGIならそのままにしておいて大丈夫です。



- Web Forum -